幹細胞コスメって何?どんな効果があるの?基本からわかりやすく説明しました!

Pocket

最近話題の幹細胞って何?幹細胞コスメってどんなものなの?

「塗る再生医療」や「ノーベル賞技術を化粧品に」など、

最近「幹細胞コスメ」の認知度が上がってきています。

 

先日、VOCEやMAQUIA、美的などの女性誌で有名な

ビューティーサイエンティスト岡部美代治氏のセミナーを受けてきたので、

それを元にして、自分なりに幹細胞コスメについてまとめてみました。

美容科学には興味津々だけど、理系に弱い大人女子に向けて書きましたので

是非読んでみてください(^ ^)

幹細胞の基本知識

 

人間の身体は細胞の集合体です。(37兆個くらいあると言われています。)

細胞は常に細胞分裂や消滅を繰り返し行なって、

いつも同じくらいの数になるようにコントロールされています。

(これをホメオスタシス(恒常性)と呼びます。)

 

表皮細胞がターンオーバー(新陳代謝)する事で、

常にだいたい皮膚の細胞の数は同じになるようになっていると考えるとわかりやすいです。

ちなみに、加齢による首周りなどにできるボツボツ…老人性のイボ

お年寄りの眉毛が髪の毛のように長く伸びてしまうのは

このホメオスタシス(恒常性)のコントロールが歯止めがかからなくなった状態です。

 

  • 良性のイボ
  • 悪性のイボ…皮膚ガンとかに…

 

細胞分裂を少し詳しく理解します

 

細胞分裂とは、分裂して自分と同じ細胞を作る事です。

少し前の研究では、すべての細胞の細胞分裂には寿命があると言われていました。

 

テロメアとは何か

遺伝子には細胞分裂するための回数券のようなシステムがあり(使えば短くなっていく)、80回くらいが限界だと思われていました。

(=テロメア

※わかりやすさ重視でかなりザックリとまとめてます

 

しかし、遺伝子や基礎科学の研究が進んで、

細胞分裂しても寿命が来ない細胞」が存在する事が発見されたのです!!

これが幹細胞です。

 

 

幹細胞から生じた2つの細胞のうち、

1個は幹細胞であり続けて、1個は別の、機能を持った細胞になっていくと理解してください。

幹細胞はテロメアの長さが維持されます(細胞分裂の回数券を使わないでいい)

制限なく細胞分裂ができる!

 

ちなみに系譜図の幹(かん、みき)にになるから、幹細胞という名前が付いています。

 

幹細胞は何にでもなれる万能細胞!

 

身体を構成する細胞には色々な種類ががあります。

上の図は造血幹細胞が赤血球、白血球や血小板に分化するのを表しています。

 

  • 皮膚を作る細胞
  • 心臓を作る細胞
  • 血液を作る細胞
  • 細胞を作りだす細胞=幹細胞

 

人は元は1個の受精卵です。

そこから細胞分裂して分化して…最後には約37兆個の細胞からなる人の体になります。

分化すると、もうその細胞は分化前の「色々な働きをする細胞に変化することができる」という能力を失いますが、

細胞分裂したうちの片割れはずっと幹細胞(=色々なものになれる能力を持っている)であり続けるわけです。

 

iPS細胞って何?どんなものなの?


iPS細胞は人工的に作り出した幹細胞の事です。

以前は受精卵からしか幹細胞が取り出せなくて、倫理的に問題がありましたが、

iPS細胞が発見されたおかげでこの問題はクリアできました。

これから再生医療や医薬品の開発に明るい未来が待っていると感じさせる画期的な存在です。

 

幹細胞コスメとはどんな効果があるのか?

 

 

幹細胞コスメとは、幹細胞研究の進歩、再生医療の恩恵を美容やコスメに応用したものです。

特にエイジングケア※の分野で期待が大きいです。

※エイジングケア=年齢に応じたスキンケアのこと

幹細胞コスメを使って、

「何にでもなれる真皮幹細胞から、美肌の元のコラーゲンやコラーゲンを作るための繊維芽細胞が作れたらいいね!」

これを目指しているんです。

 

凄くワクワクしすよね!

幹細胞コスメ」にアンテナを張っていると、

「お、これにも幹細胞エキスが配合されていたのか!」と発見するたびに楽しいです。

最近試してみた「まつ育美容液」もそうでした。

↓    ↓    ↓    ↓

【Eyelash ONEアイラッシュワン】幹細胞エキス配合スカルプケアの会社のまつ毛まぶた美容液を使ってみた効果&口コミ

 

ヒト幹細胞はどこから採取するの?

 

ヒト幹細胞由来の培養液は病院や美容クリニックから入手します

ヒト幹細胞は脂肪吸引や外科的措置などで身体の外に出した皮脂腺細胞から採取します。

「え?脂肪なの??」とちょっと微妙に感じた人もいるかもですが、

真皮幹細胞と脂肪幹細胞の違いは人の目ではわからないくらい似ているものなんです。

 

細胞レベルの大きさになると、

元が何なのかとかそう言うレベルではないので(笑)

汚いとか無い、とのことです。

 

また、幹細胞をそのまま化粧品の中に入れるわけではないので、

「人の脂肪が化粧品の中に…」という認識も間違っています。

 

皮脂腺の周りの幹細胞は年を取ってもたくさんある

 

資生堂プレスリリース記事より引用
資生堂は国際医療福祉大学医学部形成外科学 松﨑恭一主任教授と生理学研究所との共同研究により、加齢に伴い肌内部に形成される老化した細胞が、周囲の細胞の機能を低下させ、肌の加齢変化を引き起こすことを解明しました。またこの”老化の伝播”を真皮の幹細胞が抑制すること、加齢で著しく減少するこの幹細胞が、高齢者の肌でも皮脂腺周囲に豊富に存在することを発見しました。

 

資生堂の最新の研究で、

人の皮脂腺の周りには歳を取っても豊富な幹細胞があることが発見されました。

 

皮脂腺の幹細胞と真皮の幹細胞はとても似ていて、

見た目だけでは判断できないレベルだとか。

(皮脂腺の幹細胞→→→→繊維芽細胞という夢が膨らむ!!)

今後の新開発アイテムに期待したいですね。(情報のアンテナを張っておきます!)

 

植物幹細胞って何?

 

人間と同じように植物にも幹細胞が存在します。

リンゴやアルガンツリー由来の幹細胞エキス配合の化粧品がメジャーですよね。

 

年齢肌ケア(エイジングケア)成分として有名な

紫根(シコン)や蘭も植物幹細胞を抽出する植物として使われます。

 

植物幹細胞はどの部位の細胞から採取するのか?

 

最近、「リボベジ」と言う言葉を聞いたことありませんか?

リサイクル野菜という呼び方も。

人参などのヘタを水を張った容器に入れておくと、

葉や根っこが生えてくる、と言うアレです。

 

植物幹細胞=カルス細胞である

 

あの再生してくる部分は植物のカサブタみたいなもので、

カルス細胞」と言う細胞が存在しています。

その中から植物幹細胞を取り出し培養します。

その培養液の上澄みが「植物幹細胞培養エキス」というわけです。

何となくイメージできたでしょうか?

 

ヒト幹細胞由来と植物幹細胞由来に優劣はあるの?

 

  • ヒト幹細胞コスメ
  • 植物幹細胞コスメ

ヒト由来のものの方が人気な傾向にあるみたいですが、

植物エキスにはフリーラジカルや活性酸素にアプローチするポリフェノール成分など

期待できる部分もあり、単純に優劣をつけるものでもありません。

アンプルールのアルガンツリー由来植物幹細胞エキス配合美容液オイルの効果&口コミ記事です。

 

幹細胞培養液って何?

 

化粧品の全成分情報を読んでいると、

植物幹細胞培養液という成分を良く見かけます。

幹細胞培養液とは、幹細胞を人工的に育てて増やすのに使った液体の上澄み部分のことです。

 

幹細胞培養エキスには、

幹細胞からのフィードバックによってお肌にとって良い成分が色々と混ざっています。

 

化粧品には幹細胞そのものを配合することはできないので、

培養液や幹細胞からエキスを抽出したものを化粧品の原料として使っています。

 

幹細胞を培養した培養液にはペプチド類が沢山あるはず!という着目点です。

(※アミノ酸が数個から数十個繋がったものがペプチド、100個以上つながったものがタンパク質)

 

 

幹細胞コスメについてのまとめ

 

幹細胞とは何なのか?が理解できていると、幹細胞コスメの選ぶ時に役に立つと思うので、

少しでも参考になったらいいなと思って書きました。

 

再生医療の技術の応用から生まれた化粧品はすでに色々あるし、

これからもドンドン進化して発展していくジャンルなのでメチャクチャ期待しています。

10年後とか凄いアイテムが現れてそうで楽しみですね(^ ^)

 

こちらの記事も合わせてどうぞ!

↓    ↓    ↓    ↓
アンチエイジングケアとは?化学的に理解してスキンケを効果的に!!

 

サブコンテンツ

上へ戻る

/*こちらに解析コードを設置する*/